うすき雛めぐり|稲葉家下屋敷のお雛さまと臼杵雛あるある。そして雛グルメ情報

稲葉家下屋敷
うすき雛は、紙で作られたお雛様ということで有名です。
【天保の改革】のころ、質素倹約のため臼杵の町の者たちは、「紙製のお雛様」しか飾ることが許されていなかったという言われのあるうすき雛。
実際は城下町に住んでいる方は、お雛様の段飾りを飾られていたそうです。江戸時代は士農工商と階級が厳しく分かれていて、現代の野津地区の城下町の外の農民などがすまれている場所では、質素倹約で紙のお雛様飾ることが許されていなかったそうです。しかしその当時は紙といえば和紙で、その和紙に草木染で色を付けるという高級なものでなかなかそれすらも飾ることは、なかなか難しかったそうです。


臼杵のお雛様の語り部の方々が、お年寄りの方に「昔は家にちゃんと段飾りがあったよ」というお話を聞かれたことが始まりで、古文書を紐解いて調べられ、江戸時代城下町にはお雛飾りがあったという事を調べられ、稲葉家下屋敷でボランティアとして「私たちが出来る間に、正しい臼杵の歴史を伝承したい」というお気持ちで説明をされています。
語り部の方は、「臼杵といえば紙のお雛様」と言われていますが、決してそうではないんですよ。とおっしゃっていました。

2018年うすき雛めぐり


2018年のうすき雛めぐりは、2月9日~3月11日までです。
その間、臼杵市街の商店・カフェなどでも独自のイベントをされています。

「言葉を探して~うすき雛巡り」では、4つのメイン会場を回り、お雛様の俵にまかれた言葉を探して、すべて見つけて並べ替えると一つの文章になり、その分層を応募用紙に書いて回収BOXに入れると、正解した方の中から抽選でプレゼントがあたるそうです。

4つのメイン会場は

臼杵観光交流プラザ(9:00~18:00)

臼杵観光交流プラザ
 こちらでは臼杵雛の販売などもされています。
 臼杵の観光マップはこちらで♪

久家の大蔵 (9:30~17:00)

久家の大蔵
臼杵とポルトガルの友好を象徴するたてもので、酒蔵の壁にはポルトガル伝統工芸のアズレージョが飾られています。

旧真光寺 (8:30~17:00)


二王座歴史の道の中にある、昔お寺だった場所が無料休憩所になっています。
入ったことはありませんが、2回から二王座歴史の道が一望できるそうです。

サーラ・デ・うすき (9:00~18:00)

サーラ・デ・うすき
南蛮文化資料を展示している観光案内所です。
サーラ・デ・うすきを入って裏側に出ると、うすき魚心・カフェバーのボルト蔵・Natural resut and fcafe Rosetta(ロゼッタ)・つまみキッチン・臼六オープンラボなどのお店があり、臼杵の食文化を楽しむことができます。

ボルト蔵

ボルト蔵


>>>サーラ・デ・うすき

臼杵ケーブル放送(2月24日)放送より

この章の画像は、臼杵ケーブルテレビの放送時、TVを撮影したものを使用しています。

万葉しおりの店

万葉しおりの店

万葉しおりの店
万葉しおりのみせのオーナー石崎しおりさんは、うすき雛めぐりの発起人です。
ひな祭りは各家だけで楽しむのでなく、地域で盛り上げられたら楽しいのにという気持ちでこのイベントを立ち上げられたそうです。
万葉しおりの店には、古い時代のお雛様から石崎さんオリジナルの手作りのお雛様がずらりと並んでいます。

京都の古布で作られたお雛様などは、もう二度と同じ布は手に入らないという大変貴重なお雛様です。
万葉しおりの店

万葉しおりの店

オーナーの石崎しおりさんの手作りのお雛様・小物なども販売されています。
一つ一つ表情が違うのが、手作りならではの良さですね。
万葉しおりの店

抹茶とお菓子のセットで400円。と休憩もできます。
万葉しおりの店

海鮮 かわ村

かわ村

海鮮 かわ村さんのうすき雛めぐりの特別メニューです。
かわ村

このお値段でこのクオリティーはお安いですね。
海鮮丼、お魚がキラキラ!さすが臼杵ですね。お魚が美味しそう~♪
かわ村

Natural resut and fcafe Rosetta(ロゼッタ)

ナチュラルカフェ ロゼッタ

雛めぐり特別メニューはデザート付きで1080円。デザートもとってもオシャレですね。
サーラ・デ・うすきにあります。
ナチュラルカフェ ロゼッタ

スイーツめぐり

この章の画像は、自分で撮影したものと臼杵ケーブルテレビの放送時、TVを撮影したものが混ざっています。

かぼす工房

カボス工房は臼杵観光交流の筋向いにある、とっても可愛い小さなお店です。一番見つけやすいですね。
臼杵のお土産「臼杵せんべい」をはじめ、手作りのスイーツなどが並んでいます。

うすき雛めぐりのスイーツとして出されているのが、手作りスイートの詰め合わせセット。
かぼす工房
雛めぐりケーキセット(420円・580円)
この中に入っている カボスのパウンドケーキは以前にお土産に買って帰ったことがありますが、とってもしっとりしていて甘さ控えめで美味しく頂きました^^
カボスパウンドケーキ

茶房 長屋門

長屋門

長屋門



長屋門

古民家風カフェでとってもオシャレですね。ガーデンでもお茶ができます^^
長屋門

こちらはフレンチトーストがおすすめらしいです^^
秘伝のタレにつけたトーストを、約10分かけてゆっくりと焼き上げるそうです。美味しそう~♪
長屋門

長屋門の雛セットは700円でこんなにオシャレでたっぷり!満足できそうですね^^
長屋門

カニ醤油

カニ醤油は二王座歴史の道を少し入ったすぐ左側にあります。歴史を感じる素敵なお店です。
カニ醤油

臼杵といえばカニ醤油と思っているのは私だけでしょうか?それほど私の心をぎゅ~っとわしづかみにしてしまったお店です。
こちらは麹も売っているので、味噌づくりの時に麹を購入します。
 カニ醤油

カニ醤油は名前の通りお醤油・ソースなどの会社ですが、独自のスイーツ、味噌ソフトクリームなども販売されています。
お雛様限定は、雛手作りあまざけ(440円)と雛塩こうじぜんざい(440円)があります。
カニ醤油 甘酒

塩こうじぜんざいのお写真が撮れませんでしたが、どちらかというと私は塩こうじぜんざいが食べてみたかったです。
残念ながら火曜日が定休日で、お休みだったので食べることが出来ませんでした。
上のお写真は2017年6月に撮影したものです。

うすき雛めぐり 3月のイベント情報

お雛祭りは3月3日ですが、、うすき雛めぐりは3月11日まで盛りだくさんのイベントがあります!
菊芙路洋子お社中さんのお琴の演奏&茶道裏千家臼津直心会お呈茶
【日時】   2月25日(日)、3月11日(日)11時~
【場所】   稲葉家下屋敷
【問い合わせ】臼杵市観光情報協会 TEL 0972-64-7130

うすき雛めぐりスタンプラリー
5つ施設を回ってスタンプを集めると、毎回先着100名にこの時期にちなんだお菓子がプレゼントされます。
先着順なので早めにネ
【日時】 2月10日~3月11日までの土・日・祝
【場所】 <スタート>臼杵市観光交流プラザ→<ゴール>サーラ・デ・うすき
     旧真光寺、久家の大蔵・稲葉下屋敷
【問合せ】臼杵市おもてなし観光課または臼杵市産業促進課
     TEL代表 0972-63-1111

幟市(のぼりいち)
商店街の売り出し&青空市など
【日時】 3月3日(土)10:00~
【場所】 臼杵市中央通り商店街(八町大路)
【問合せ】中央通り商店街振興組合事務局
     TEL 0972-63-8525

サーラ・デ・雛まつり
<1部>木管楽器五十演奏 <2部>人形劇
【日時】 3月3日(土)<1部> 13:30~ <2部>15:00~
【場所】 サーラ・デ・うすき
【問合せ】サーラ・デ・うすき
     TEL 0972-64-7271

スポンサーリンク

シェアする

フォローする