臼杵 竹彩切り絵

臼杵市街の横町に竹彫師・加藤清光さんが作られた「ギャラリーうすき竹彩切り絵工房」があります。
臼杵市街のお写真です。




「うすき竹彩切り絵」で作られた目をみはるばかりの竹細工が展示してあります。

「うすき竹彩切り絵」は3年から5年物の竹を9月に切ってさかさまに立てて7~8年かけて影干ししてから、黒くなるまで焼いて油・水分をしっかりと抜き、それからまだ2か月放置したものに。直接絵や文字を書いて掘りぬくという、長きにわたった工程で作られる作品です。「うすき竹彩切り絵」の特徴は、精巧で繊細な切り口が特徴となっています。

このような工程を経て作られた竹細工は、素晴らしく深みのある作品ならではで、灯りをともされた作品を見ていると、何とも言えない落ち着いた気持ちになりました。竹の灯りにす~っと引き込まれ、日々の嫌なことがすべてなくなっていくような、そんな気持ちにさせられます。手塩にかけて作られた素晴らしい作品には、そんな癒しの力がこもっているのでしょうね。
ギャラリーは入場無料。一度足を運んでみてくださいね。とっても癒されます。

ギャラリーうすき竹彩切り絵工房FBページ>>>竹彩切り絵工房

スポンサーリンク

シェアする

フォローする